「子どもの矯正治療」一緒に考えましょう! 矯正歯科専門医院でお子様の歯並び・咬み合わせのお悩み解決しませんか!?

お子様の矯正をご検討の方へ

院長より皆さまへのメッセージ

子どもが自分の歯並びや噛み合わせを気にして「歯の矯正治療をしたい」と言い出すことはあまりございません。
そのため、ご両親が意識帯に取り組むことが大切です。
子どもの未来を考え、少しでも気になるところがありましたら、矯正歯科の専門医に相談しましょう!

 

小児矯正のメリットと成功のポイント

  • 歯を抜かない矯正治療

    このテーマをよく理解していただくために、なぜ子供の時期から矯正治療を始めるのがよいのか、またその目的は?というお話をしてから、まとめとして「小児矯正のメリット」の話に移ります。

  • 6歳までにまずは相談を

    お子様の歯並びの初めての相談は、6才ごろ(就学されるころ)、上顎の前歯の乳歯が永久歯に生え変わり始める時期が最適です。歯並びの状態に関係なく、6才になられたら、まず、ご相談下さい。

  • 矯正専門歯科医院での治療

    矯正治療は専門性が高く、治療費は保険適用にならないので、一般歯科医院で矯正治療を進められたからと言って、すぐそこで始めるのではなく、慎重に歯科医院を決められることをお勧めします。

院長ご挨拶

宮本 敬次郎

みやもと矯正歯科医院のホームページにアクセスしていただきありがとうございます 。
院長の宮本です。小生は、日本矯正歯科学会第1回の認定医審査を受け、認定医の承認を受けております。
また、日本矯正歯科協会(http://www.jio.or.jp/)第1回認定審査を受け、認定矯正歯科医と認定されています。
余談ですがこれは、患者様が歯科矯正治療を受けるにあたって歯科医院を選ぶ一つのものさしになるかと思います。

宮本 敬次郎

小児矯正治療の流れ

矯正治療ってどうやって治療が進んでいくのか、疑問に思う方が多いかと思います。一般歯科の治療では初診時に歯を削って治療を開始している時もありますが、矯正治療は初診時に開始することは絶対ありません。

 

理想の開始時期

お子様の成長や発育の状態によってお口の中の歯並びの状態は様々です。特に女の子は成長が早いため、お早めに受診なさって下さい。歯並びの状態に関係なく、6才になられたら、まず、ご相談することをお勧めいたします。

 

  • みやもと矯正歯科医院 Facebook
  • みやもと矯正歯科医院 Official Site
  • 成人矯正サイト みやもと矯正歯科医院